貸事務所と東京での必要性

貸事務所と東京での必要性

レンタルでも貸事務所でもなぜ東京に必要なのでしょうか。

それは東京が日本の中心であるということは誰でも答えることができます。

それだけに大企業なら都内のいい場所に土地代など気にせずに本社をおいて全国に展開できるでしょうが、中小企業や比較的新しい企業となるとそうもいきません。

ですから、東京周辺に本社を置いて営業所や支社を都内に置くという考え方は普通でしょう。

土地を購入し、建物を自前で建設するには莫大な資金がかかりますが、既にあるビルの一角を貸事務所として借りることでこのコストが抑えることに繋がります。

企業が成長していく時にはどうしても東京のような都会で仕事を展開することが必要となりますから、貸事務所はその足掛かりともいえるでしょう。

それは海外の企業においても同じことです。

海外では家と家具がセットになって賃貸する形が一般的ですから、貸事務所でもレンタルオフィスでも彼らの仕事の形態に合っているといえます。

不動産会社がいう貸事務所の定義

ある全国展開する賃貸物件を主に扱う不動産会社の貸事務所の定義は、不特定多数の人への営業、販売を事業の目的として、商品や製品などは置かず、事務処理だけを行うオフィスとしての物件となっています。

つまり、おいていい備品は机や事務機のみということになるようです。

商品を置きたいのであれば貸店舗と事務所を併設している物件にする必要があったり、レンタルオフィスのように事務所内に必要な机や事務機がおいてあり、借りる際にこれらも全て引き取るという権利譲渡というような借り方もあるそうです。

貸事務所といっても倉庫がついている物件もあったり、その用途に応じて多種にわたってあるようです。

東京のある大手の不動産会社は所有するビルを投資用に購入してもらい、オーナーは貸事務所が入ることで賃料と利益を得るという物件を紹介しています。

これは投資信託などで海外の不動産に投資することと同じといってもいいでしょう。

東京都内にビルを購入して人に貸すなんてどんなお金持ちなのか想像もできません。